HOME>人気記事>マーケティングオートメーションの利用法【顧客新規開拓に活用】

マーケティングオートメーションの定義

マーケティングオートメーションとは別名MAとも呼ばれていて、顧客開拓を仕組み化することをさします。主な仕組みとしては、マーケティング担当者が行いたい「顧客開拓の仕組みづくり」を支援して効率化してくれるツールのことです。

従来のマーケティング業務とマーケティングオートメーションの相違点

新規顧客のマーケティングも可能となる

従来方法では、もともと接点のあった顧客に対してマーケティングを実施していましたが、マーケティングオートメーションを採用すると自社のホームページなどのアクセス解析も実施しますので新規顧客のマーケティングも可能です。

顧客のターゲットが絞れる

従来方法の場合、メールなどでアンケートを取る場合には、顧客一斉配信となりますが、マーケティングオートメーションを利用した場合は、より興味を持ってくれる人を抽出して効率よく宣伝メールを配信することができます。

マーケティングオートメーションの利用法【顧客新規開拓に活用】

男性と女性

海外顧客を意識したサービスの導入

現在は、インターネットで全世界がつながっていてワールドワイドでの営業を考慮する必要があります。そこで、マーケティングオートメーションを導入する場合にも海外を意識したシステムを導入することが大切です。また、最近では海外からの顧客を意識したサービスを導入する企業が増えています。例えば、決済サービスのwechatpayなどが良い一例です。wechatpayは現金を持ち歩かずにすみ、簡単に決済できるため、海外で人気のあるサービスです。

wechatpay導入の流れ

スマホ

申し込みをする

wechat payを導入するためには、wechat本体から認可を受けている代理店を通します。所定の申込書を書くだでけでOKです。

審査を受ける

その後、wechat本体にて審査が行われます。審査内容は事業内容や取扱商材です。通常10日程度かかります。

店舗での導入環境の準備をする

決済用のiPad導入など、店舗にwechatpay導入に向けての店舗環境を整えます。